note: October'07.

02Oct'07
いや〜, えれぇ目逢うたわ.
明日, ってか明けて本日は早朝から出張のため, 今日, ってか昨夜 (ややこしいって) は勤務先から社用車借りて帰ってきた. ところが普通にバスと同じ道走ればいいものを, 地図で調べて "こっちの方が近そう" とか慾を出したらお約束の様に道に迷って一時間半ロス. だって道路の行先標示が読めねんだもん;;
んでひいこらやっとこ元の勤務先の前までリカバリし (戻ったのかよ), 深夜の探検にゃもぉ懲りてバス路線そのまんまで帰った心算だったのだが.... 一本曲がり角間違って, 脇道に入って戻ろうとした途端に, 道は狭いわ上るわ下るわ路駐だらけだわ酔漢は彷徨ってるわ (月曜だ) その脇でがきんちょの集団が遊んでるわ (深夜だ). こっちのバスって, あんなんでも一番安全な道をちゃんと選んでたのね;;
免許はこっちでも取ったものの (日本の免許持ってれば視覚検査だけで取れる), 慣れない左ハンドル右車線ってのもあって正しく冷汗三斗っすよ. よく無傷で家に辿り着いたもんだ.
んでアパート (ってか高層集合住宅) まで帰ってきたら, 深夜ってこともあってもぉ駐車場がいっぱいいっぱい. 日本の駐車場みたいに各個人の場所が決まってお行儀善く停まってる訳ではなく, 枠線の引かれた正規の駐車数に対して倍近い車が既に鮨詰めになっている. 枠内の車両を封じ込めるが如く, 車両通路にも怒涛の縦列駐車. こんなんで縦列の向こう側の車両がどうやって出るかってと, 駐車時はパーキングブレーキを引かないのが暗黙のルールで, 邪魔な車両を実力で排除して力技 (人力だが) で道を開ける. これで毎日ちゃんと運用できてるんだから不思議なもんだ.
かく云うわしも, 深夜の倉庫番の如く車輌を押しのけ, 無理矢理駐車してきたのだから大きなことは云えない. 考えてみりゃ, 駐車場の扱いなんかこんなもんでいいのかも知れない. 仮にかっちり駐車場確保して自動車通勤したとすると, 車輌一台について自宅と勤務先と二台分のスペースを費やすことは自明であり, 何やらとんでもない無駄の様な気はしていたのだ.
さて, 明日の朝, わしの車が一体何処まで動かされてるか, ちと楽しみである.
09Oct'07
さぁて, ソウルから車で二時間の工場へ出張だ. 慣れてきたし今日は自分で運転して逝くぜ!! (逝くな)
社用車のキー握り締め後部座席に資料と荷物放り込み, ドア開けてどっかと座って, っしゃぁっ!!....
........おりょッ?? この車, キーシリンダが無ぇ. ってかハンドルもアクセルもブレーキも付いて無ぇ!! ど, どど, どやって運転すんのこの車??
ヒント: 左ハンドル
自分で運転する心算で素で助手席に乗り込むなんざとんだどじっこぶりである. これが妙齢の女性なら所謂萌え行動と認知する方もいるかも知れないが, 妙齢どころか実に微妙な年齢の漢だったりするとノリはどちらかってとドリフに近い. まぁ萌えにしろドリフにしろ, こっちの人にそんな日本文化の微妙な綾への理解を求めるのもこれまた微妙な話だし, 誰にも見られなくてよかったってもんだ;;
その他, 初めての左ハンドルでウィンカ出す心算でワイパーなんて話はよく聞くが, ウィンドウォッシャの心算で前を走るパトカーにパッシングかましたのはわし位のもんだろう (笑).
んで帰りしな, 高々一時間の高速道で交通事故四箇所目撃. 全部救急車出動レベル, うちひとつは七台絡んだ多重衝突. 慣れてる地元人でもこれかよ. 生きて還れわし.