note: November'09.

03Nov'09
ちったぁ雑記も顧みたれや俺.
まぁネタが無い限りは雑記なんか強いて書く意味が無いし, しがない月給取りがそんなに日々楽しい暮らしをしている訳も無い. おまけにわしの場合, 萌玩のデータ頁に書いてるのが既に半分以上雑文だしな;;
数日前から同僚が入院. どっかの誰かさんと同じく結石だと. インフルエンザと違て染つる病ではないと思うのだが;; "見舞い行ったろか??" 電話したら, "閑で死にそうやし何か読むもん頼む, この際マンガでも何でもえぇし" とか. わしの混沌の蔵書から福音書とコーランとリグ.ヴェーダをチョイス (待て).
入院退屈で思い出したのだが, わしの入院中に物凄いあんちゃんと同室した. わしゃ病院に五泊六日したことになるのだが, その四日目でいきなり病室を替えられた. それまで居たのは急に入院したあらゆる症状の患者が集まるごった煮の様なフロアで, 救急用に確保しとかなあかんし, 消化器系の部屋に空きが出来たので済まんがそっち移ってくれと. それまでいた部屋も移った先も似た様な構成で, 部屋の四隅にそれぞれベッドや棚と, その周辺を囲うカーテンが備えられている. 既に他のベッドには先客あり. その部屋で二日間.
んでわしの退院間際にそのカーテンの隙間から垣間見えた向いのあんちゃんのスペースが凄い. まずはマンガ雑誌の類が山積み, 窓枠には組立済のガンプラ一体 (しかも MkII Titans colour), その横にこれから組立と思われるガンプラ (一つは Zeta-Plus だった) 数箱, LCD 付きメディアプレイヤに CD だか DVD だか十数枚, わしと同じくノート PC 持ち込んでカーテン越しにキーボードを叩く音が響き, 備付けの机には特大の味ぽんと七味 (噂に違わず病院の飯はえらいこと不味いのでなるほど確かに必携だと思った) が乗っている.
こりゃぁ長患いなんだろうなぁ, 大変だわ.... んだけどベッドの下の箱に入ったバスケシューズはやり過ぎや思うぞ, そんなん病院の何処で履くねん, とか思ってたら, そのあんちゃんの担当医が部屋に入ってきて一言.
"入院して三日経つけど, 調子はどないや?? もう腹ぁ痛まんやろ??"
....三日目って, わしより短ぇ;; ちったぁ落着けあんちゃん.
05Nov'09
またもデジカメぶっ壊れた. 例によって AC アダプタポートが不調→断線してしもたのと, 何か画像の隅々のピントが以前より甘くなってきた様な気がして. AC ポート位, 具合からしてどうせクラックとかそんなんだし分解してはんだ鏝ちょいちょいで直るだろ, とか電気屋脳で考えてしまうのだが, そんなん素人が塵芥だらけの普通の部屋で筐体開けたら光学系まで崩壊さすのがオチではないかと;; 画像ファイル名の四桁連番, 十周までは数えてたけどそれ以降何周したか既にさっぱり覚えてねぇし何より机の上から何回落としたか判りゃしねぇし (おぃ), まぁここまで善く保ってくれた, と労うべきだろう. 引退後はどっかで暇見て後学の為にも分解してみようかな.
んで新調した当頁四代目のデジカメは, CANNON PowerShot G11. また CANNON でやっぱりコンデジかよ俺.
当然今のご時世にデジカメ新調ったら一眼も考えたのだが, わしの場合, デジカメに対する要求仕様は前回カメラぶっ壊した時とあんま変わってない, ってか進歩してない;; そりゃ画素数やメディアはそれなりに増強したいものの強いて一眼を選ぶ理由が無いし, 前回から三年余りしか経ってないことも考えると, どうやら高級品を気合で買い込むより底々スペックのコンデジ購うて三, 四年で使い潰す気でいた方が善さそうだ.
後は店頭で実地に色んな機種を弄り回してみたのだが, 今時コンデジでも一眼でも可変アングルなディスプレイ積んでるのってかなり減ってるみたいで, のっけから候補が絞られる. つか適当なクラスでは CANNON のばっか. んだけどこればっかりは譲る訳にはいかない, んで画像の明るさ調整がメニュー選択でなくダイアルになってたり, 面白そうなので G11 にしてみた.
しかしまぁ三年半振りのデジカメ新調ってとカメラのスペックも大分変わってるもんで. 明るさ調整の他にもモードによってはシャッタースピードの調整が出来たりして前代にゃそんなもん確か無かったぞ;; 色々弄ってたら妙に被写界深度たっぷりになってしまい, なんかぺらっぺらの紙みたいな画像になっちゃったり. パラメタが増えて撮れる画像の幅が拡がりそうなのはいいんだけど, こりゃ使いこなすまでが大変だわ.
んで同じ条件で都度 WB 合わせてるにも関わらず, 出来上がった画像は前代の S2-IS と比較すると微妙に赤に寄った感じ. ってか前々代の A80 の色合いに近いのかな. 手元の S2-IS が何か赤に鈍く黄色に過敏って気がしていたのは, 或いは本当だったのかも知れない. S2-IS ですら割と気に入った色合いの画像が取れる様になってきた (って気がしてきた) のは至極最近のことで, こりゃまた馴らすまでにえらい時間掛かるんだろな. 決して嫌な作業ではないけどね.
一番気になるのは, WB をプリセットでなく自前で合わせると, 何故か LCD 表示がえらいこと明るく黄色寄りになることだろか. PC に出すと前述の如く赤寄りの画像で, 全くと云うてえぇ程色合いが異なる. 因みに前代のカメラは LCD 上で青と紫の区別が出来なかった (勿論 PC 上での色は全く違う). こんなんどっかで調整出来るのかいな.
ところで, わしんとこにもやっぱり撮影環境やその他変化がある度に撮ってみたくなる "リファレンスフィギュア" と呼ぶべき一体がある. 最近は専ら壽の亜沙さん. 白/黒のコントラストの大きなコスチュームに青, 緑のグラデーションを持ち, さらにほっぺの微妙な赤味を綺麗に撮ろうってとそれなりにシビアな闘いになる. 実際, 最初に上げてから最低でも三回は画像こっそり全部入れ替えてる筈. 今のが至上かってとそれもまた判らん, つかむしろそんな訳はないやね.
当然この亜沙さん撮ってみたいものだが, 前回の引越しでどの段ボールに仕舞っちゃったのか, 困ったことに未だに発掘されていない.
実は新カメ投入したのは既に数日前のことで, 黄泉さん以降はカメラが替わっている. またリファレンス代りに撮ってみた大河さんの黒背景画像殆ど, ナナさんの一枚目辺りもすり替えてあったりして. まぁ色々パラメタ弄りながら撮っては潰しを繰り返してる状態だし, またどっかごそっと入れ替えるかも知れないけど.
案の定, MaxFactory の環な姐さん予約. これで 12 月から浮き輪に女王様に脱ぎ掛け制服に, "月刊 向坂 環" ってな勢い.
んだけどどっちかってとわしゃ愛佳さんのえっちなのが欲しいとこなんだけどなー. そういうキャラでねぇのかなやっぱ.
10Nov'09
噂の (??) "あずきコーラ" 購うてきた. 蓋捻って "ぷしゅっ" とばかりに洩れ出したその香りだけで充分脳が逝きそうになった.... やっぱ小豆 (と云うより餡子) のまったり系の甘さとペプシの酸味って, 合わねーよこりゃ (笑).
その昔のレモンコーラはそれでもまぁまぁだったし変なのめっけると一応は試してみるのだが, 何を狙ってるのかどの辺の客層を開拓しようとしてるのかさっぱり判らん. 普通に (普通か??) 杏味とか林檎味ならまだ旨そうなんだけど. その辺のネタはもう一通り試したんだっけ?? もぉいっそのことコカ.コーラ味作ってくれればそれでえぇから;;
つかそもそもペプシ系ってコカ.コーラ系と較べると気が抜けるのがやたら早くて. かと云うてこのあずきは一気呑み出来る味でもなくまたじっくり味わって飲むのもそれはそれで妙だし, なんちぅか微妙な商品だなや. まぁこのまま定着させることなんかハナっから狙ってないんだろうけど.
二本も購うてしもたんだよな, もう一本どうしよ.
その昔, JoltCola ってのがあってだな. つか今でも※国辺りにゃあるのかも知らん.
普通のコーラに較べてカフェイン二倍, 甘味料は砂糖 100%, 疲れは吹き飛び脳みそは冴え渡るプログラマ向け飲料として, 某ソフト系雑誌にまで覚醒剤紛いの広告が出ていたものだ. "プログラマ向け飲料" ってのは勿論その雑誌向けの謳い文句なのだろうが, 事実, その当時居た研究室のソフト屋共は一日に五缶十缶と空缶を積み重ね, 徹夜の明け方頃には鼻血垂らしながらそれでも端末に向っていたものである.
なんちてわしも徹夜明けにカフェイン飴の類がりがり喰ってて腹壊して鼻血吹いたクチだが.
11Nov'09
残業規制やら何やらこの慌しいのに勤務先で検診. "お昼はバリウムたっぷりゴチしたるし, お腹空かせて来てな, 朝飯喰うたらあかんで" なんて人を人とも思わん仕打ち. おまけに俎板の如き検査台に乗せられあっち傾けこっち傾け, "はぃ, 腰を右に捻ってー, 大きく息吸ってー, もぉちょっとお腹右に向けてー, はぃ撮りますよ" なんちゃって, うちの撮影台に乗せられた萌玩の気持が少しは判ったってもんだ (待て).
つかこないだ病院でオーバホールして "大丈夫, もぅ来んな" 言われたばかりだし, 少なくとも消化器系は放っといてえぇんちゃうの. 規則だか法令だか社交辞令だか知らんけどめんどっちぃのぅ.
"けんしん" って打つと真っ先に "謙信" に変換されるなんて, わしんとこの辞書ってば何て学があるんだろう (笑).
24Nov'09
うおー. 今度は NotePC "cerry" の HDD 潰れよった.... 数日前から時折軸がブレるみたいな危険な音がしてたのだが, 点けっ放しで外出して帰ってきたら真っ黒画面に "起動ドライブが見付かんねーよ" なメッセージが. 大事なデータはメインの "hi-lite" "entry" に置いてこっちは殆ど CPU としてしか使ってなく重要な情報は何も入ってなかったのが幸いだけど, 問答無用やのぉ;;
取敢ず検索で他より一割近く安い最安値付けてる店めっけて, 1.8inch SSD 32G 在庫ラスト一個を狙い撃ち. これで entry に続いてこっちも SSD になってしまうのだが, にも関わらず光学ドライブなんか積んでるのでゼロスピンドルでは無いと云うよく判らないマシンに. 問題はどっかに埋もれてる筈のシステムメディアが見付かるかどうかだ (笑). つかこの際 Vista ヤメて Xp に載せ換えたいとこなんだけどなー (Win7 のご時世に何言ってんだか).
やっぱメモリを無理矢理 2G に載せ換えたのがじわじわ効いちゃったのかなぁ. 消費電力/発熱的には SSD 化で元のバランスに近くなるかも知れないけど, 何だか微妙に金の掛かったマシンになっちゃってるぞ;;
実はデスクトップの "hi-lite" にも SSD が積んである. ただしこれはそこらの大手家電屋在庫見切りワゴンセールでめっけてきたもので, 格安とは云え最早旧世代の SSD. 読込みは SATA HDD より速いけど, 書込みがキャッシュ容量を越えた途端にでんでん虫並みに遅くなる. システムの起動用には本来最適なのかも知れないが, 起動ドライブに一体何書き込んでんだか訳の判らん WinOS ではメインには使えそうにない. 結局この頁のデータの日々のバックアップ程度にしか活用されてないのがちと哀れ.
25Nov'09
到着ー. ってはやっ.
いや何ぼ疾うに届いたとこで平日に note PC バラして OS のインストールなんて暇は無く, 今週末のお楽しみなんだけどさぁ.
26Nov'09
や, やられた....
11/23: 夕刻に帰宅した処, 留守中に件の HDD 崩壊を確認.
11/24: 昼休みにあちこち情報漁って, 適当な SSD とその最低価格の見繕って在庫最後の一台を発注. 夕刻には発送のメールが入る.
11/25: 発注したのが同じ関西の店だし, 帰宅後に早くもモノが届く.
そして今日. 昨日の時点では "11/25 より開設予定だったショッピングページは, 現在システムの不具合のため遅れております...." とか書いてあったメーカ本家直販頁が起動. しかも同じ型番の 64Gbyte 版がいきなりアウトレットコーナに.... わしが購うた 32G 版と, 送料やら考えると ¥1,500 も違わねぇ;; 他でめっけた 32G 版の安売り価格より微妙に安い位.
そりゃ今の cerry の使い方なら 32G もありゃ沢山なんだけどさぁ.
めっちゃ口惜しいよなこういうの (笑).
おまけに帰宅して試しにスイッチ入れたら, 潰れてる筈の cerry が何故か起動すると云う陥穽.
と云うても何やらえらいことアクセスもたついてる感じだし, 一度不具合起こして起動しなくなった HDD なんて危なっかしくて使ってられない, 今度の週末にゃ換装しちゃうけどね.
28Nov'09
むきー!!
何だかちょいとデスクの周りを漁っただけで今日届いたばかりの鈴姫さんとか既に発売されて一ヶ月の槍の姐さんとか某誌限定のもえたんとか某一番籤とか, 中には何で今頃こんなん出てくんねんみたいなのもごろごろしてるのだが, ちょいと今はそれどころでもないんだぜ.
上右の画像. 画面を写そうとしたら周りが真っ暗になってしもたが, 現在, ubuntu 越しに壊れかけの HDD からリカバリ領域のサルベージと云う, 窮めて剣呑な作業の真っ最中. 昨日のうちに何とか cerry 購入時の外箱を見付け出したのはいいのだが, 実はリカバリ用のメディアなんかハナっから付いてなかったのが判明. 某 OS メーカの例の緑色ぺらっぺらの簡易取説が入ってててっきりその中にディスクが入ってると思い込んでたのだが, ご丁寧にも代りに適度な厚みのボール紙が挟んである. なんじゃこりゃナメとんか.
となると, メーカ修理に出すか半壊 HDD から必要データを回収するしかないのだが, 既に代りの SSD を入手していることもあり今更新品 HDD なんか載せ換えてもろても困る. 意地でも自前で復旧することに決定. しかし, 一昨日には再度起動した HDD はその後半日の通電放置で再び昏睡状態になっており, 何時逝ってもおかしくないこの状況. つか既にまともに Vista まで辿り着くのが 1/4 以下の確率になっている. しょうもないエイジングなんか止めときゃよかった.
とにかく無事にファイルを回収するためには, のんびり Vista 起動して HDD の隠しリカバリ領域の属性弄って無理矢理マウントして 6Gbyte のファイル回収, なんて悠長かつ死にかけ HDD をすり潰す様な真似はとても出来ない. 別の端末から色々情報集めて廻って, CD-R に焼いた ubuntu で起動, HDD のマウントに成功した処で USB メモリにごっそりファイルをかっ攫うしか無いと判断. これなら HDD の負荷もファイルの読出しだけで済むだろう.
さて何とか ubuntu のブート, HDD リカバリ領域及びシステム領域のマウントまでは成功. ファイルのコピー終了まで後一時間. 画像では見辛いが, 端末のすぐ後に扇風機置いて強制放熱させながらの作業である. 保ってくれるだろうか?? 頼むわ, 終わったらもぉ安心して逝ってくれちゃっていいから.
因みに上左の画像の LCD の上に御座されているのは, SR のあの方である. がしゃ機でめっけたのはいいのだが中身が既に最後の一玉って状態で, この一体だけしか持ってない.
これぞ正しく理想的なデスクトップフィギュアって感じで大変によろしいのだが, この惨状を LCD の上から見下ろされてると, 不意に "何という体たらく" とか言われそうでちと怖い;; むきー.
何とか無事にコピーは終わったらしい....
さてこの後の作業は, 元の HDD の c:/KJS/EmergencyCD/emergency.iso を焼いた CD-R でブートし, リカバリデータを USB メモリに入れたままで作業可能かどうか確認, 本格的にドライブを換装してリカバリである. 明け方まで掛かるんでねぇかな, めんどっちぃのぉ.
ここ読んだ方が SX3 持ってて同じ状況に陥る確率なんてえらいこと低いのだろうが, 以上の情報は有難いことにちょいと検索すれば色々詳細が出てくる. 一番お世話になったのは此方.
まずは c:/KJS/ とリカバリ領域のバックアップはちゃんと取っておきましょう.
29Nov'09
昨日の日付の分の続き. っちぅか 24 時を跨いだだけですが.
これはリカバリ事例のレポートとかそんなんではなく, 次回のための唯のわしメモなので念の為.
SX3 の底面. HDD 交換前.
この端末の特徴として, メモリ, HDD への物理的アクセスはえらいこと簡単である. まず左奥に見えてるスリットが沢山付いた蓋を外すと, メモリスロットが見える. ここは以前メモリを増築した際に既に確認済み. スロットは一基しか無く, スロット当りの搭載上限は知らんので実質 2G が上限. ノート用メモリで 2G よりでかいのがあったかどうかも知らん.
んで, このメモリ蓋の下にあるネジ二本を外すと手前の蓋が外れ, いきなりもぅ HDD である. HDD 交換するのにキーボードを外さなければならない HP mini2140 (entry) やその他一般的なノート PC, 殆どバラバラに分解するハメになる PCG-U101 (cabin) とはえらい違いである.
因みに外した HDD 蓋の下に見えてる小さな蓋を外すと, その下にはシールドされたモジュールや SAW フィルタ等ごちゃごちゃ載った子基板が入っている. 無線関係なのは間違い無いが, Bluetooth なのか無線 LAN なのかワンセグなのかさっぱり判らん.
ここまでは簡単なものの, HDD の交換はコネクタが厄介. 2.5inch SATA 辺りだとコネクタは 3.5inch と同じだったりするけど, これは 1.8inch PATA で 40pin ZIF. ドライブ側は一応コネクタになっているものの, PC 側から生えてるのは唯のフィルムケーブルにしか見えん.
右の画像は既に交換後のもの. 下の画像の矢印の先に見えてる黒い横長パーツがストッパー. このパーツを (画像の向きで) 下にずらすとコネクタのスリットからケーブルが外れる.
ドライブ本体の両脇に付いてる黒い部分は防振兼固定用のゴム. 両面テープで貼り付けてある. これは外して新しいドライブに貼り付ける. ドライブ自体は特に PC 本体にネジ留めとかされてない.
後は蓋を締めてバッテリを装着すれば元通り. コネクタの扱いはめっちゃ注意を要するものの, 慣れれば五分と掛からん作業量.

蓋を締める前にうどんげさんが新しいドライブの上ですってんしてみたいとの仰せなので記念写真 (こらこら).
っておまえら壊れかけとはいえ HDD の上で暴れるな.
外した HDD は, うどんげさん専用台座として余生を送ってもらうことに決定.
現在ひたすらレストア中.... なげーーーーのよこれがまた.
結局 emergency.iso を焼いた CD-R でブートして内部から shell を起動し, USB メモリに入れたリカバリデータから /sources/recovery/tools/ghostoem32.exe を直接起動. ドライブは分割無しにして, 目下 "system.gho" の内容を流し込んでるところ.
現在既に六時前. えぇ加減眠いし, 寝るー.
復活〜. 実はこの SX3 って何気にファンレスなので, 電源入れても何の音もしない. 何か不気味なマシンになったぜ.
って面倒なのはこっからだよな.
ネット上で色んな情報を公開して頂いている先達の方々に感謝.
30Nov'09
纏めると, 所有が Vista 版の SX3 一台だけで他にアテになる端末が無いと仮定すると, HDD 故障まで含めた不測の事態に対するリカバリ体制は以下の様になるのだろか. 1,2 までは健康なうちにやっておかないと, わしのケースみたいなドタバタになる.
"Y の部屋" さんでより詳細な情報や他の方法を調べられる.
必要物 CD-R 一枚, USB メモリ (8Gbyte) 一個.
USB メモリなんざそこら中で叩売りになってるし, 専用に一個ガメておくのが善し. 4G では足りないが 8G あればリカバリ領域の全バックアップの他に最新のドライバの類も保存しておける.
この他に, 出来れば bootable な外付け光学ドライブがあった方がいい. うちでは真先に Vista がまともに起動せずリカバリ領域も怪しい状態になり, またそれまでの使用状態もあって内臓光学ドライブの電源が入らない事態になった. 他のノート PC のために外付けのドライブ持ってたから慌てなかったけど. まぁ必要なのはそんなハメになった時だけだしわざわざ別にドライブ確保してたら SX3 の有難味が薄れるし, いざって時に ReadOnly のどっかから借りられればそれで充分.
1. "C:/KJS/EmergencyCD/emergency.iso" (200M 程度) を焼いた bootable CD-R を作成, 確保しておく. つかこれは工人舎のマニュアルにも書いてある;; 単体で出来るのはサブノートの癖に DVD マルチ積んだ SX3 の強味.
2. リカバリ領域の全バックアップを取っておく. これは HDD の隠し領域になっているので, 普通の方法ではアクセス出来ない. 何か隠し属性を外す方法があるのかも知れないが, "コンピュータの管理" には手段が見当らん. 尤も市販/シェア/フリーのソフトでバックアップする方法が各種あるらしい.
わしの場合は ubuntu を使った. Win 系とはまるで異なる linux 系の OS (ってか GUI 環境) だが, 一度 bootable CD を作ってしまえば色々と楽しそうだし. またうちでは既に HDD に "あたし壊れちゃった" フラグが立ってたのか通常の ubuntu メニューからは自動マウント出来ず, shell から root 権限で力技を使った. PC unix 弄った経験があれば色々柔軟な対応が取れそうな OS である.
リカバリ領域のファイル群は (Vista 版で) 6G 弱になる. そのまま USB メモリにコピーするのが一番楽. 余った容量には適当なディレクトリ掘って工人舎の頁から持ってきたドライバ類のアップデートを入れておくのが善し.
DVD に焼いて保存するのはお勧めでない. いざ HDD がイカれた時に, emergency CD のブート用とリカバリデータ用の複数の光学ドライブが必要になる. 少なくとも使用の際には USB メモリが一番楽.
詳細未確認だけど 1.の emergency.iso の中身とリカバリデータを混ぜて一枚の bootable DVD に纏めてしまう方法もあるみたい.
3. さて潰れた時の対処である.
まずは emergency CD でブートする. HDD のリカバリ領域が活きていてドライブ構成をそのまま使いたいなら, "工人舎リカバリメニュー" に入ってそれに従えば善い.
ここでリカバリ領域を潰して広々と使いたい場合やわしの様に既にサラの HDD に換装してリカバリ領域が無い場合には, 件の USB メモリを挿し, 工人舎リカバリメニューには入らずにコマンドラインを立ち上げる. 続けて USB メモリに割り当てられたドライブレターを探し出し (わしの場合 HDD に有効領域が無かったためかいきなり C: になった), そのドライブの "\sources\recovery\tools" にカレントディレクトリを移して "ghostoem32.exe" を直接起動する.
以下, メニューが全て英語になるが, 立上ったソフトの中から HDD のパーティション開放, 切分け, リカバリデータの流し込みがマニュアルで出来る. いざリカバリを選択すると, パーティションのサイズ指定を要求され, 続けてパラメータファイルの指定を要求される. システムデータ (元の C:) を復旧したいなら "system.gho", ユーザエリア (元の D:) を復旧したいなら "NTFS.gho" (だったっけ??) を指定すれば善い. わしの場合 SSD は敢えてパーティションを切らなかったため "system.gho" だけで "NTFS.gho" の方は無視しているが, 特に問題は無いみたい. 確かオリジナルの D: もデフォルトでは空っぽだったよね.
SX3 の後期には Xp をデフォルトで積んだのが出荷されていたらしいが, それが同じ手順で行けるかどうかは不明.
土日に無茶な突貫こいた所為か今日は勤務先でめっちゃ眠かった....;;