note: August'10.

06Aug'10
久振りに撮ってきたのだが, 実はこの水路にいるのは二週間前と較べてそんなに育ってない. 既に多くの稚魚が上流の池へと遡っており, そっちは栄養状態がいいのか, 平均で水路の連中の倍以上に育っている. ってかその大きさが成魚に喰われないための最小限みたいで, ちんまいのは淘汰されちゃったと言うた方が正確かも知れない;;
因みに黄色いのは元々少ないのが更にえらい勢いで数が減っている. 水路部分にはまだちんまいのが少々残っているものの, 池との境界を越えた途端にがつがつと喰われてしまい, 池側での生存数は見事に零. ちょいと迷い出たのも殆ど生還出来ない有様である. やっぱ目立つんだろうな. そりゃ鯉の目にゃ極彩色なんて判らないんだろうけど, ここまで背景と明度が異なると隠れようが無い.
ただし, 稚魚の中で一番でかいのは, 水路の下流にに棲んでる黄色いの. 何故か一尾だけ, 10cm 弱にまで育ってるのがいる. 泳ぎもえらい速く, まるで水路の主って威容なのだが, ぼちぼち境界の金網をくぐれなくなってるのではあるまいか;;
当然ながら池の方も撮ろうとはしたんだけど, なんせ水路と較べれば数倍以上の水深があり, 水底が昏い. 水面に映った青空とか勤務先の建屋ばかり写っちゃって肝心の水底がまるで見えん. AF オンリーのお手軽コンデジの限界である. デジカメ越しに見ようとするとこの様だけど, 人間の目ってのは水面に映った像の揺らぎもものともせずその下の稚魚の群れを捉えちゃうんだから, まぁ生物の目 (ってか視覚情報処理) ってなすんごいもんだ.
明日っから一応は盆休みなものの, まぁ色々大変だ. 暑いし.
17Aug'10
盆明けのボケた頭で勤務先から帰宅しでへらーとしてた処へどっかんどっかんうるせーなー思ったら, 平日だってのに外がえらいことに. 何で火曜日にこんなん始まってんのよ.
何だか線香花火みたいだが, 以下の画像の手前下に写ってる電柱を見れば判る通り, 結構でっかい打上げ花火. 光と音の到着時差からして距離は 700m ってとこだろか. わしの部屋のすぐ前の階段踊り場が絶好の撮影ポイントだったのでつぃつぃデジカメ担ぎ出して撮ってみた. ところが折角の Nex-5 は普段から AC アダプタだけで使ってて, バッテリなんざ今まで一度もチャージしたことがない. んで半分位バッテリが生きてた G11 を持ち出したのはいいが, 咄嗟のことでセッティングが殆ど萌玩撮影時のまま;; なんちぅか現実感ちぅか奥行き感皆無な画像ばかりになってしもた (笑). G11 だってちゃんと設定すれば花火撮影位充分以上にこなせるんだけどねー. 少なくとも今まで使ったコンデジの中では一番手に馴染んでるし.


なんせ三脚すら使わず手摺にデジカメ置いた状態で撮ったため大半はブレまくりで, 辛うじてまともに写ってるのだけ. と云うても, これ以上ブレを抑えるにゃ更にリモートシャッタ導入しないとダメっぽい.
実は帰省していた 08/15 の晩にもそっちで花火大会があったばかり. 普通は盆の花火大会ったらその辺りの日付だよなぁ. おまけに今年は日曜だったし. その日もデジカメ持ち出したんだけど, 半分仕事用のコンパクトコンデジしか手元になくしかも手持ちで撮ったので, まぁ結果は推して知るべし;;
普段はプライベートで卓上の静物 (萌玩な) 撮影, 仕事でも必要に応じて屋内の設備や卓上の製品撮影程度だし, こういう野外での非静物撮影だと経験の無さがもろ露呈するわな.
火曜の平日に花火大会 && 盆踊りって, 送り火ってことでお盆直後にやるってことなのかな.
18Aug'10
う〜ん. 何が何だか判らねぇ;;
盆休み挟んで二週間弱放ったらかしだったけど, 件の池の水底を狙ってみた. 撮した本人はそりゃ実物を目の前に撮ったし, 大体 5cm 強まで育った暗青灰な鯉の稚魚が頭を下に身体を殆ど垂直に立てて水底の微生物を追っている様子が判っている. 中央やや上寄りに写ってるもじゃもじゃしたのがそれなのだが, まぁ説明したってこの画像ではなかなか判って貰えんわな;; 四, 五尾は写ってる筈なんだけど. 水深 60cm ってとこで暗いわ揺らぐわ, ソフト上での画像調整もこれが限界.
未だ水路の方にもかなりの数がいるのだが, そっちは相変わらず育ちが悪い. 殆どが 3cm 弱ってところである. 生まれた時期は一緒なれど, その後の個々の栄養状態や運動能力に拠ってか身体の大きさに大分個体差が出来てきた.
先日書いた水路の主, 今年の稚魚で真黄色で一番でかいのは, 何時の間にやらいなくなってしまった様だ. 迂闊に池に迷い出て成魚に喰われたかそれとも烏か何かに狙われたのかも知らん. 逆に下流の排水口に落ちてしまった可能性もあるけど. 案の定と云うか黄色いのはいよいよ数が減ってきた. 稚魚の全生存数の 2% にも満たないのではないだろか.
26Aug'10
ふと萌玩手配専用のメールアドレス (なんじゃそりゃ) を確認すると, 某 SBCr shop から夜明け前より瑠璃色なアレの発送通達が入っている. 確か申し込み期限が 07May なのを忘れてて予約したのは日付がすっかり 08May に変わってからだったのだが, GW 明けでシステムがボケかましたのか無事に確保出来てた様だ. 発送通達はほんの十分前, 20:51 の発信で 26Aug より順次発送とのこと, まぁ予約順は間違いなく最後の方だし早くて明後日かね, ってとこにいきなり電話が. "○○急便ですぅ, 代引き荷物届いてるんですけど今から持ってっていいですかぁ??" 早いってか疾ぇなおぃ;; わしのために特別チャーター機か?? 宅配トラックに直接ピンポイント弾道ミサイルで打ち込んだか??(笑)
んな訳でぼちぼち 21 時を回ってるのだが, フィギュア一体にしては妙に大き目の段ボールが. どっちにしても今日この時間から愛でつつ撮影なんてやってられないので段ボールの中身をざっと確認しただけ. 何やら特製クリアケースやらタペストリらしいのやらまたもおマケがごっちゃり;; まぁ中身を全部確認するのはこの土日かなぁ.
実家の親父どのからメール. 実は近日中に入院手術の予定で, 手術が終わってしまえば後は死ぬ程退屈するのはわしも身に染みてるし, 盆休みに実家に行った折にノート PC 一台置いてきた. 親父どのも PC は一台持ってるのだが, その戦艦クラスの巨大なマルチノートより, ネットブックかと思わしといて実は解像度は底々 (1280x768) で光学ドライブ積んでるしワンセグ見れちゃうし何気にファンレスで静かな cherry (工人舎 SX3) が適任だろう. 丁度親父好みの渋目の映画の DVD (アニメではないぞ (笑)) とか二, 三枚手元にあったし, 序に簡単なパズルゲームの類を幾つかインストールしてしっかり使い方も説明してきたつもりだったのだが.
親父: "全く操作方法がわからない. スタートボタンさえ不明."
わし: ....あぁ, いつもの PC は完全にシングルユーザだし, そういう設定になってなかったのね.
"立ち上げたらまんずユーザ名とパスワード訊かれるから, ユーザ名: ○○○○○, パスワード: ××××××××を入れろって教えたやんけ."
ユーザアカウントは新しくこさえたもんだし, それで親父どのの慣れてる環境とそう変わらん筈だ. おまけに親父どのが使いそうなソフトは片端からデスクトップにショートカットが並べてある. OK.
親父: "いやまず電源を入れる方法がわからない. コンセントをいれても画面に反応なし."
........待て;;
何処にコンセント挿しただけで立ち上がる PC があんねん, 炬燵か何かとちゃうねんで;; 今まで自分の PC どやって使こてたんや.
幾らそっちの方が使えそうだからって, いきなり PC を置いてくるのは無理があったか....?? と云うても最近の HDD レコーダの類は使いこなしてるみたいだし, 別段メカ音痴って訳でもないと思うのだが.
因みにわしは PC なら組上げも改造もどうにかなるが, 実は "ビデオと TV の接続が出来ない" 類の人間である. 何故ならビデオデッキどころか TV すらまともに所有したことが無いからな;; 信号線の意味がさっぱり判ってねぇ.
29Aug'10
つか親父どのの言う "スタートボタン" って電源スイッチのことだったんだな. 普通にそう言えばいいものを, 普段使わんヨコモジ使おうとするから全く違う別のものと一致して訳の判らんことになる.
遠き東の国の親父どののどじっこ振りをネタにしとる場合ではない.
先日, "ぼちぼち買い置きが無いんやった" とトイレットペーパを購うてきた. 独り暮らしなので一度に大量に買い込む訳にもいかず, 四ロール入りの小さなパッケージである. んで遂に現用のを使い切り, ビニール包装を破いて使用に及んだ訳だが.
長い.
つか幅広い. よくよく見れば, パッケージの中には 2x2 ではなく, 幅が二倍のロールが二本入っている. なんじゃこりゃペーパ台にセットでけへんやんけ.
そろそろオチの見えた方もいるだろう. そう, これはトイレットペーパではなく, キッチンペーパ....!!
何でも吸水性抜群だそうだしそのまま使い切っちゃってもいいのだが, 使い慣れたあの幅でないと非常に違和感があり, 勿論質感は全然違うわ分厚いわ, 精神衛生にも窮めてよろしくない. 大体トイレットペーパと違て水に溶けるかどうかも定かでなく, そんなもん流し続けたら予期せぬ大惨事に至る可能性もある. まぁ急場はこれで凌ぐとして (え), 明日にでもちゃんと購うて来ないと拙いだろうなぁ.
つかそもそもトイレットペーパもキッチンペーパもごちゃ混ぜで売ってるコンビニで日用品を購うからいかんのだ.
30Aug'10
一方こちらは件の池の鯉である.
左の画像は池の方で, 水深 60cm 程度のとこによくある側溝ブロックが逆さまに沈めてある. その上で餌を漁ってる稚魚が何尾かいて丁度デジカメ持ってたのでここぞとばかりに狙ってたら, 更に 20cm 位の成魚も寄ってきたので一度にフレームに収めてみた. 三尾ばかり写った稚魚は 5,6cm かもうちょい位に育った連中で, 既に成魚の口に合わなくなってるのか出食わしてももぅ喰われることはない. 悠々としたもんである.
右の画像は水路側. こっちは相変わらず 3cm 程度のちんまいのから池のに負けない大きさまで, えらいバラつき. 写ってるのは 5cm 程度はあり比較的大きな方. 黄色いのの他に殆ど保護色のも二尾写っているのだが, ISO 100 ってのがそもそも無謀過ぎたかブレた形だけになってしまっている (笑). んだけど, この処池と水路の境界の金網が落ち葉で頻繁に詰り, なかなか越境に至らぬ模様. 酷い時には水路と池で 1,2cm の水位差が出来ており, 迂闊に落ち葉を掃除すると水位差分がえらい勢いで流れ込んで稚魚が下流に押し流される. 水路には目立った外敵 (と云うより身内の敵だが) がいないと云うてもそれなりの苦労はついて回る様だ.