Mi's Collection: バンプレスト

series
price
note
character point
バンプレスト: 魔法少女 まどか☆マギカ 関連
一番くじ プレミアム
魔法少女 まどか☆マギカ




A,B 賞 原型: 乙山 法純
F,G 賞 原型: トイテック DTC
¥800 (籤景品), PVC,ABS 他
....雑記に書いた通り A 賞のまどかさんや F/G 賞辺りは粗方元旦にいきなり入手したのですが, 肝心要の B 賞ほむらさんを当てられず. その日のうちにメールで手配を始め, 仕事始めの次日 06Jun'12, 職場に社内便で ほむやん到着;; 年始早々から何やってんだ (笑). "まどか☆マギカ" ってとタイトルの通りメインヒロインはまどかさんなんでしょうが, わし的に惹かれるのは勿論この方. その黒髪ミステリアス系のルックスにすらっと伸びたモデル脚, ちょいとつんつんした物腰辺り, 凛さん澪さん杏さん唯湖さんかがみさん (え) 辺りと微妙に重なるヒロイン像なのかも知れません. ってこれだけ無理矢理並べてもこういう一番くじ辺りになると必ず B 賞止りで, A 賞になれそうなキャラが一人も挙がらないとこが何だか切ないですが;;
ただしそういうキャライメージとはちょいと異なり, このほむやんは何だかぽけーっとした御尊顔. 魔法少女の正装で臨戦態勢と云うよりは, 敵 (魔女??) をヒネって漸くひと仕事終わった後, まどかさんの前だと凛然としたとこを保ってても誰も見てなきゃこんなもんって感じのお疲れポーズってとこでしょうか. 御尊顔で特徴的なのは何ちぅてもその膨らんだほっぺ. 元ネタからして頭身は結構高いのにえらい丸顔が他のネタに較べて微妙に不気味なとこがあるのですが, 何だかその元ネタ以上にぷくぷくしたほっぺなのですよ. これは何としても指でつんつんしてみたくなりますね;; また御尊顔全体を少々仰向け, 何かに注視するでもなくもわわんと流した視線はやっぱ少々お疲れ脱力モードってとこで, この方の立体化としては窮めて珍しいシーンってことになりそうでんな. 他は武器とかを構えた決めポーズが多くなりそうだし, ほむやん入手の一体目がいきなりこれってのも一興なのですよ.
お身体はお御脚だけでなく全体にほそっこい典型的なモデル体型で, お胸の起伏は殆ど見られずお尻周りもぷりっと小振り. ただしそのお御脚はしなやかに引締り, そのお身体を支えて跳ね回るだけのパワーを充分蓄えてそうで軽快なアクションを想像させるのですよ. このお身体にこの丸頭ってバランスが慣れるまでちと大変ですが;;
何でも固有魔法が攻撃系ではなくそこらからガメてきた実銃や爆弾で攻撃する方らしいですが, 得物が自分の体重の 1/3 から半分位の重さがありそうなロングバレルの機関銃. 特に怪力の持ち主って訳でもなさそうだし, 大丈夫なのか銃に振り回されるのがオチちゃうのか;; また固有装備が盾だけってのもよく判らんとこで, こんな小振りな盾が効く距離まで敵が寄ってきたら, ロングバレルの銃なんか棍棒程度の役にしか立たんのではないかと;; もっともこの盾は見た目以上に色々仕込みがあるらしいですが.
造形は Banpresto では初めての乙山氏ってことで, プライズ向けにディテールや部品点数は落しながらも全体的なプロポーションやお髪の流れ, スカートのふりふり辺りは見事なもので. ただやっぱ出来は少々プライズレベルのとこが残ってると云うか, ほむやんの微妙に艶の入った黒髪や黒タイツ辺り, 付着物や塗装の荒れが目立って実はプライズには鬼門に近い色遣いなのかも知れません.
A 賞まどかさん, 01Jan'12 元旦に玩具屋で御神籤代りに引き当てて入手. もっともほむやん目当てで十回も引いたけど (笑).
やっぱ A 賞を〆るだけあってメインヒロインはこの方みたいですが, ほむやんとはえらく対照的と云うか何ちぅか. ほむやんの白黒モノトーンの 葬式みたいな 装いに対して殆ど紅白モノトーンの 入園式みたいな 装いに, 難しいこと何も考えてなさそうな能天気な明るい笑顔と来たもんですよ. 大体魔法少女とやらそれぞれのコスチュームがどうやって作られるのか存じませんが, 仮に御本人の意思を基に決定されるものとすれば一体何するつもりでこの格好にしたんでしょかこの方は. 戦闘シーンにゃ普通観客はいないんだぞ;;
そのコスチュームはやたらリボンやふりふりが多用され如何にもこっち業界の魔法少女然としてはいますが, その実お胸から臍下二寸辺りまでお肌にぴったぴたに貼り付き, 細身なボデェラインが殆ど剥き出しに等しい際どい代物. お胸辺りはまだまだ発育途上の様でそれでもまるで無いと云う訳ではなく, 微かに浮いた胸下やわきちちのなだらかな陰影がなんだかえらいえっちなのですよ. またほっそりと縊れたウエストからお尻きわきわ辺りの広がりもかなり艶かしいものがありますが御本人にちゃんと自覚はあるのでしょうか;; 一方スカートは内側のかぼちゃぱんつから五重に重なった襞々でまるでバウンドドッグの様なえらい膨らみ. 丈は短いもののこっちはお色気もへったくれもありません. ただしこのかぼちゃぱんつと太腿の隙間から拝見すると, 更に内側に普通の白ぱんをお召しの様で. まぁこのスカートアーマの下にコンパクトに折り畳まれた本体が格納されてたりすると怖いので残念ながら分解確認まではやってません (おぃ). お足元は折り返し付きの膝下ソックスにリボン付き踵付きのストラップシューズとこれまた如何にも小娘らしい格好ですが, ほむやんのタイツから足先まで一体化し火の中水の中短時間なら真空中に放り出されても大丈夫 (無理) みたいな足周りと較べると, ちょいと魔法戦をナメとんのかと. そのわさわさ揺れるわ足元は見えないわえらい邪魔っけそうなスカートも合せて, 飛んだり跳ねたりはちょいと向いてない気が致しますがどうなんでしょうかそこの処は;;
ほむやんと較べると, やっぱこっちの方が塗装の荒れや付着物が目立たない色遣いなんでしょうね;; ちょいと塗りがこてこてっとした処も見られるものの, ふりふりに軽く陰影でも追加したら箱入り大物とも遜色無い仕上りになりそう. また各部のリボンやらキュゥべえやら部品点数も微妙に多目で, 若干口惜しいながら B 賞よりはこっちにコスト掛かってるんだろうなぁ.
F 賞ストラップ, 同じく 01Jan'12 元旦に入手. F 賞は四つ出て, 中身の見えるブリスタパッケージなので三種それぞれとスペアのほむやんガメてきた;; ストラップと云うてもこんな成形色でもないのをほんとに携帯とかに付けた日にゃ三日そこらで傷だらけになりそうだし, なかなか実用に供する勇気はありませんね. 精々車のミラーにほむやん吊るしてぷち痛車する位でしょうか;; つかストラップフィギュアってとかつては精々二, 三個のパーツをがちがちに接着した温い造形を更にごてごてに塗りたくった何やらイビツなカタマリって感じでしたが, その頑丈さを犠牲にした分, 造形もパーツ分割も塗装も随分と細やかになったもんで. 最早 SD フィギュアの極小形態として充分鑑賞に足るひとつのジャンルになってるみたいですね. もっともうちも昨今はすっかり大物中心で, そういう小物にゃいまいち目が向いてなかったのが実際ですが.
アソートは三種類で, まずはまどかさんほむらさんの魔法少女コスチュームって選択は妥当でしょうね. お二方とも精々二頭身半ってとこに丸められた 5cm 弱のちんまりサイズながら, 御尊顔がでかい分プリントも精細で, 大物にも引けを取らないなかなかの密度感. そりゃ大物に較べるとディテールは辛いとこがありますが, サイズを考えりゃえらい根性入ってるのですよ. 特に "まどか☆マギカ" だと元ネタからえらい丸顔さんだし, リアル高頭身より何だかこの辺りの SD 造形の方がしっくりくる気がするのはわしだけでしょうか;;
んで残る一つが "キュゥべえ" ですが, これに関しては元ネタからこんな感じだし, デフォルメなのかリアルなのかよぉ判らん;; ハナからディテールも細かい色分けも見当たらないので殆ど造形だけの一発勝負ですが, まぁ綺麗に出来てると言うてしもてえぇのかな?? もっともキャラがキャラなんで何かのアクセサリにして持ち歩く気なんざ全く無く, どうせならさやかさんかマミさんか, この先も立体化の少なさそうな杏子さんにして欲しかったってのが正直なとこですが (笑).
G 賞きゅんキャラ, 01Jan'12 元旦に玩具屋で十回引いた時点で五枚が G 賞, んでこのクラスだけは毎度更にブラインドボックス. 結果としてさやかさんとシークレット以外の四種はその場で出たので, まぁ上々の引きと言うべきでしょう. 不足分は B 賞ほむやんと同便で到着. 実は代りにこっちでめっけた過去の一番くじのプレミアムとか やっぱり社内便で 送ったりしてるので, こっちばかりが得してる取引って訳ではありません;;
造形は F 賞ストラップより更にデフォルメ度が高く二頭身ちょいってとこ, 大きさは台座上からほぼ 9cm ってとこで, "ねんどろいど" 以来のデフォルメフィギュアとしては標準的なものでしょうか. かつてはデフォルメでお身体が小さくなってしまうと似た様な体型の素立ちポーズみたいなのがやたら目立ったもんですが, 殆ど同じ制服姿にも関わらずマミさんのでかちちやスレンダーなほむやんなどそれぞれの特徴が強調され, またそれらしいポージングも施されて随分と賑やかなもんで. 一部のタイツ脚や靴辺りにこてこてっとした塗装も見られますが, 他はかなりすっきりとして制服スカートの紋様や各部のストライプもコントラスト高く, ポイントを押さえた工数投入でディテールアップを狙ってるみたいですね.
各キャラともでか頭を支えるために台座に連結した支持アームが付属. 先端アタッチメントはお髪の形状に合せ込んであってお陰で不安なくかっちりと飾れますが, 反面お頚の回転軸の自由度が殆ど無くなってしまうのも事実;; ここは, 普段はアーム無しで好きな角度で飾り, んでアームは歪んでしもた時の修正ギプスとして保管しとくのかな.
んだけどデフォルメとは云え五人のメインキャラが揃って飾れるのは賑やかでえぇでんな. 特にさやかさん杏子さん辺り, BeachQueens 以外で出してくれるとこがあるのかちょっぴり不安なだけに;;
因みに当頁では物欲がフィギュアのみに集中しているため, C 賞 (クッション??), D 賞 (ぬいぐるみ??), E 賞 (グラス??) は入手しておりません. 悪しからずご諒承を;; んだけどあの "魔女ぬいぐるみ" はあったらあったでネタには充分使えたかも (笑).
A 賞: 鹿目 まどか プレミアムフィギュア ☆☆☆☆★
B 賞: 暁美 ほむら プレミアムフィギュア ☆☆☆☆★
F 賞: きゅんキャラ アクセント ストラップ 鹿目 まどか
暁美 ほむら
キュゥべえ
☆☆☆★★
☆☆☆★★
☆☆★★★
G 賞: きゅんキャラ 鹿目 まどか
暁美 ほむら
巴 マミ
美樹 さやか
佐倉 杏子
暁美 ほむら (シークレット)
☆☆☆★★
☆☆☆★★
☆☆☆☆★
☆☆☆★★
☆☆☆★★
☆☆☆★★
一番くじ プレミアム
魔法少女 まどか☆マギカ Part2





A,B,C 賞 原型: 乙山 法純/ヴェルテクス
F,G 賞 原型: トイテック DTC
¥800 (籤景品), PVC,ABS 他
17Jul'12, 職場に社内便で A 賞マミさん到着;; 14Jul に玩具屋で一番くじ出てるのめっけて剛毅に十二回トライ, んで B, C (x2), F (四種), G (四種 + ダブり 1) を入手したのはいいのだが A のマミさんが引けず, 結局件の人脈に声掛けてダブった杏子さん +αとマミやん, G 賞未入手分をトレード. んだけど前回の一番くじから半年経ってるのね;; ワンクールアニメの割に意外と気の長いネタだなや. この先劇場版とかあるんだっけ??
GoodSmile 版にしても Dx フィギュアにしても目尻が微妙に下がった穏やかな表情が目立つこの方にあって, いつになくきりッと気合の乗った御尊顔ですね. 敵を睨みつける様な強烈な表情ではないものの, その傾げた御尊顔から斜に相手に視線を送り, 眉もすっきり上がったちょいと不敵にも見える笑みなのですよ. これからシバくべき敵を目の前に何やら根拠無き余裕の表情なのか, それとも魔女さん散々にボコった後の余裕のシチュエーションなのかな?? それなりにテンション上がってるんだけどそれでもこの方らしい優美さは損なわない, 他ではあんま見ない表情でんな. 得物はこの方お得意のマスケットライフルを二挺, 片方はお肩に担いでもう一方は銃身を掴んで, まぁ臨戦態勢って訳ではなさそうですね. んだけど安全装置すら付いてなさそうな古色豊かなこの銃を, こんなラフに扱って大丈夫なんでしょうか;;
お身体はいつもの通りと云うか, ちぅ学生とは思えん程善く育ったナイスボデェに中世西欧貴族の狩装束の様な魔法少女盛装. これまたほっそりとした腰周りとどどんと張り出したお胸, 適度に大きなお尻周りを強調するお召し物でんな. このお召し物もライフルその他の装備品も, さすがに箱入り大物と較べると塗装の揺らぎや付着物が見られるものの, プライズの延長上としては充分な塗装とディテール感ではないかと.
ってな訳で 14Jul'12, B 賞さやかさん門前自模. GoodSmile 版も既にリリースされてはいるものの, 未だ手元にゃ届いてないので 1/8 クラスは初めてなのですよ. この方ってとこれまでに手元に WAVE BeachQueens Dx フィギュア 2 のがありますが, どれも出来は上々と言うか割と立体化には恵まれてる方みたいでんな. 中身は知らんのでその外見から判断するに (ワンクールアニメ位えぇ加減視れっての), 一番のお気に入りキャラってとやっぱりモデル脚ほむやん, その直下であだるとマミやんとこのさややんが熾烈な争いなわしとしてはなかなかに嬉しいとこなのですよ. 因みにその次ってと漢前杏やん, ドベがまどやんちんちくりん (非道ぇ) ってことになるのですが;; やっぱそれなりにひと癖尖がったキャラの方がフィギュアも映えるってもんでんな (何がじゃい).
んでこのさややん. マミやんに続いてと云うかこれまたきりッと気の入ったすっきりとした笑みっちぅか, 他の立体化と較べても何だかえらい目力なのですよ. ちょいと右肩を引いて傾げた御尊顔はえらい可愛い笑顔ですが, それだけに収まらずちょいとかっちょえぇ系の極め笑顔でんな. 劇中で実際こんなばりっとした笑顔が合うシーンがあったのか, そもそもこの方がそういう役処だったのかどうかちょいと記憶にございませんが;;
お身体はお胸控え目ウエストの縊れも控え目でナイスボデェとかモデル体型って訳ではありませんが, ちょいとスレンダーなちぅ学生としてそんなに違和感の無い体型なのではないでしょか. それでもこの小振りにふっくらとしたお胸はわし的には充分美乳の範囲内なのですよ. ただお腹に何やら余計な物 (本体だってば) をマウントする都合上, ちょいとお腹が目立ってミニスカートもずり下がって見えるのがいまいち冴えないとこではありますが;;
得物はグリップにガードが付いた, さややんご自身のお御脚と同じ位の刃渡りがありそうな刀がひと振り. 本来はこの刀で二刀流だった様な気もするものの, この静的な立ちポーズに刀ふた振りってとポーズとかレイアウトにえらい悩みそうだし, そのマントもあって何だか英雄然とした堂々ポーズに纏ってて宜しいのではないでしょか. ただ単体での飾り映えは良好なものの, この一番くじプレミアムフィギュア五体並べちゃうと, 他が長得物が目立つポーズばかりだからかちとちんまりしちゃったとこがあるかな. 特に得物がお身体の後に回っちゃってるし.
同じく 14Jul'12, C 賞杏子さん門前自模. ってか勢い余って二つも引いてしまいましたが;; この方も BeachQueens Dx フィギュア 3 だけ手元にあって 1/8 クラスのは初めてでんな. この一番くじ "Part2", 少なくともプレミアムフィギュア三体は何れもきりッと気の入った他ではなかなか見られん表情なものの Part1 のはっちゃけまどやんお疲れほむやんとどやって並べろっちぅねんってとこがあるのですが (おぃ), 何だかこの杏やんは特にばりッとかっちょえぇのですよ. その長大な得物を斜に背負ってどかっと開いたお御脚, やや右上後方に引いた御尊顔から斜にお身体正面に投げた視線, そのポーズも大きくどわっと靡いたお髪で彩に富んだシルエット. 五体の中では一番の飾り映えなんでないかな. その御尊顔も気負いも衒いも余計な緊張も感じられない漢前で自然体な笑み, やっぱ敵の魔女さん目の前にしてぼこぼこにしてやるぜってな不敵な余裕顔ってとこでしょうか. 何だかこのお方がメインヒロインよりキャラ立ててどないすんねんって気がせんでもないですが, 実は杏やんど真ん中に据えて飾るのが構図的にも一番絵になる様な.
しかしまーほんまに長い得物で, 長さを測ったら 32cm 超, ってかほぼ一尺;; 斜に構えた処でその柄尻の高さは 30cm を越えており, そっちの意味でもこの方だけ特別扱いにしないと飾るスペースに苦労しそうなのですよ;; またその得物も五人衆の中でも一番ややこしいそのお髪も造形レベルではしゃきっとしたもので, また塗装もプライズの延長上にしてはこてこてした処が無くすっきりしてますね. ストライプ状の紋様辺りはさすがにちょいとふらつきが見られるものの, まぁ普通にフィギュア全体を眺める視点では許容出来る範囲内かな.
お身体はちょいとほっそりですがお胸は意外と豊かで, お御脚もすらっと伸びたそれなりに善く育った身体付き. その臙脂色の継ぎ目無しの一枚布をふっくらと押し上げるお胸の陰影が何とも趣があってよろしおますな (おぃ). お尻周りから太腿辺りはかなりの細身で, 全体的にマミやん程の強烈な凹凸起伏は見られないものの, ちょいと漢前なこの方に見合った涼やかなボデェラインではないでしょか (なんじゃそりゃ).
総じてこの杏やん, 籤景品にも関わらずそこらの箱入り大物なら喰っちまいかねない位にわし的には高評価なのですよ. GoodSmile 版のリリースがもぅちょい先でどうなるか判りませんが.
同じく 14Jul'12, F 札を四枚自模り, ブラインドボックスでもないのでそれでひと揃い. 前作のまどやんマミやんに続き, こっちも五人衆揃っちゃいましたね.
マミやんさややん杏やんのお三方は何れも得意の得物を携えた正にお取り込み中なシチュエーションでんな. それなりに緊張感のあるアクションポーズながら, デフォルメされた余裕の笑顔は可愛らしいもので. また何れも精々 2.5 頭身ってとこながらコスチュームの塗りは根性入ったもので, 特にストライプなどの意匠が細かく入ってて元ネタの雰囲気はそのまま. そりゃ画像ではちょいと粗いとこも目立ちますが, 元々そんなクローズアップで眺めるコンセプトでもなし, えぇ塩梅なのではないでしょか. 御尊顔は充分綺麗に出来てるし.
お三方の中ではやっぱりマミやんの最終兵器 ("ティロフィナーレ" だったっけ??) が目立ちますね. でっかい得物の割にはぶら下げても妙に傾くことはなく, 重心とかストラップのネジ位置とかかなり考えられてるのかな. また杏やんの長得物を背後に回しぽんぽん跳ねるポーズは面白いもので, そのワイルドな笑顔もあってリアルでもデフォルメでもなかなかに立体映えするお方みたいですね.
前作では三種だったとこを四種に増やしてまでお菓子の魔女さん付けて来たのがよぅ判らんとこではありますが, 元からちんまりしたぬいぐるみみたいなのだしこりゃ殆どリアル志向と言うてもえぇのかな;; 尖った部分とか縊れた部分が無いので, アクセサリとしてぶら下げても安心なのは実はこの方だけかも知れません. 殆ど赤系統と白黒だけでまとめられた正にぬいぐるみ頭でっかち腹ポテ体型は妙な愛嬌がありますね. もっとも元ネタ知らなければ, の話ですが;;
14Jul'12, 店頭で G 賞五枚自模り更にブラインドボックス引いて六種中四種入手, 一体ダブり. そのダブりの一体 + C 賞杏子さん + α で A 賞マミさん + G 賞未入手二体とトレード, 17Jul'12, 職場に社内便で 到着;; 同好の士三人内でのトレードだったのですが, まぁお互い巧い具合に補完出来たので "Good Trade!!" と言うべきでしょうか;; ラインアップは魔法少女五人衆に "お菓子の魔女" の中のひと (違) で六種シークレット無し. 前回の五人衆は杏やんだけ魔法少女盛装で他はナントカ中学校の制服姿でしたが今回は逆で, 何で杏やんだけズレた扱いになってるかってとそもそも一番くじより前に四人だけきゅんキャラ魔法少女版が出てたみたいですね. 今回のと造形的にどう違うのかはまるで存じませんが. まぁこれで手元に魔法少女姿と制服姿の五人衆が揃っちゃったのは嬉しいとこなのですよ.
んでその杏やん. この方が他の方々と同じ中学に通ってたかどうか存じませんが, この制服姿が何だかめっちゃ可愛ぇ;; 媚び媚びの笑みを浮かべるでもなく単に鯛焼きをぱくつくその姿が, 魔法少女盛装の威勢の善さとはがらっと変わってえらい意表突かれたとこなのですよ. おまけに, 基本的に全く同じ制服姿ながらまどやんサイハイソックス, ほむやん黒スト, マミやん濃茶タイツにさややん濃紺膝下ソックスとバリエーションを見せてくれてたお足元が, 杏やんに限っては生脚と来たもんですよ. 何だかお一人だけ可愛らしくもぐぐっと大人びて見えるっちぅか, ちょいとびっくりものでんな.
他の方々はそれぞれ得物を手にした盛装, さすがに制服姿よりはややこしく, 適度に丸めつつも必要充分なディテールは造形/彩色されてますね. ってか昨今トレーディングフィギュアの類でも一箱 ¥800 とか当り前ですが, その辺りと較べても十二分な飾り映えでないでしょか. 特にマミやんのお腹周りやお御脚のストライプ等, サイズの割に根性入ったディテールアップなのですよ. んだけど何でさややん涙目笑顔?? 普段が快活笑顔満面なお方だけに, この表情はめっちゃ気に掛かるとこでんな.
この一番くじ Part2 でそもそも狙ってたのってとやっぱり A,B 賞辺りだったのですが, いざ手元に揃ってみるとプレミアムフィギュア三体もアクセントストラップもきゅんキャラも一番気に入ったのは杏やん. 元ネタ無視していきなり立体物から入るのが恒なわしとしては, ここらでこの方の評価を改めなあかんのでしょうか (笑).
A 賞: 巴 マミ プレミアムフィギュア ☆☆☆☆★
B 賞: 美樹 さやか プレミアムフィギュア ☆☆☆☆★
C 賞: 佐倉 杏子 プレミアムフィギュア ☆☆☆☆★
F 賞: きゅんキャラ アクセント ストラップ 巴 マミ
美樹 さやか
佐倉 杏子
お菓子の魔女
☆☆☆★★
☆☆☆★★
☆☆☆☆★
☆☆☆★★
G 賞 きゅんキャラ: 鹿目 まどか
暁美 ほむら
巴 マミ
美樹 さやか
佐倉 杏子
お菓子の魔女 (??)
☆☆☆★★
☆☆☆☆★
☆☆☆★★
☆☆☆★★
☆☆☆☆★
☆☆★★★
魔法少女 まどか☆マギカ
Dx フィギュア 1


景品, PVC,ABS
30Dec'11, ばら売り屋でセット購入. 何だかまどかさんとマミさんだけでなくほむらさんさやかさんまで一気に出回ってますが, 1 と 2 が同時にリリースされたんですね. わざわざシリーズ分けんでも, ってかどうせなら杏子さんまでまとめてどーんと出して欲しかったとこですが, まぁあくまでもプライズだし, 入れるプライズ機の都合とかもあるんでしょうね. 大きさはまどやんが BeachQueens ほぼ同じ大きさなのでざっくり 1/10 ってとこでしょうか. それでも 1/8 辺りと較べてやたらディテールダウンしてるかってと, そういう訳でもないのですよ.
まんずこの二体, 御尊顔がえらく上出来でんな. まどかさんの小学生か思わす幼い造作にお口を大きく開けたちょいとあほ娘っぽぃ笑顔満面とマミさんの物腰柔らこくあだるとな (大人な, って意味ね) しっとりとした微笑みが対照的で, 何だかキャラの立ち位置まではっきりする御尊顔. またこのネタ特有の素描の様な瞳の描線やほっぺの ///, 口元の朱入れもしっかり施され, それでいてディテールがしつこ過ぎない適度な見切り. 御尊顔周辺のお髪やアクセサリの類もプライズにしてはダルい処が無く, なかなかにディテールとエッジが際立つ造形なのですよ.
まどやんはその表情と派手な白-桃-紅の色彩もあってこの Dx シリーズ現状四体の中でも一番目立ち, 並べてもこの方だけで全体のムードまで決まってしまいそうななかなかに強烈な飾り映え. 棚でもど真中に据えてあげたいほんわかな明るさでんな. つかまどやんの後にほむやんマミやん, その後にさややんの四体菱形配列 *だけ* で GoodSmile 版さややんの予告画像の如く構図が完結してしまい, あとお一方の追加は一体どないすんねんってとこがちと不安ではありますが;; 一番くじの類でもないプライズ品ってことでスカート内装の襞々辺りは部品構成が大分簡素化されてはいるもののぱっと見の見映えに効く部分では狂いは無く, あとはやっぱ何か得物が欲しかったのが正直なとこですね....
んでマミやんの非デフォルメなフィギュアってとわしの手元には初めてですが, 設定年齢は中学三年生の筈なのにまぁ何ともあだるとな身体付き. お年頃の割にえらいこと育ったお胸は無理に寄せて上げた感じは無く, 自然な張りとまろやかな重量感で実に柔らこそう. 他の方々と較べると胸郭の厚みや肩幅, お尻から太腿周りもちょいとふくよかな体型で, 腰周りをコルセットでほっそりと締めそこから一気に拡がったスカートがその曲線美を強調してますね. その下のお尻も適度にどどんと大きく, 何だかちぅ学生とは思えんナイスボデェっぷりなのですよ. またお召し物は魔法少女正装と云うてもまどやんのはちゃけたイデタチとは大きく異なり, 何だか狩を愉しむ西欧中世貴族って感じ. 金髪ドリルロールと云い茶を優雅に嗜む手付きと云い, 如何にも主人公より年上 (と云うてもいっこ違いだっけ??) な女性のエレガントな演出でんな.
塗装はやっぱりプライズレベルと云うか, 発色はえらい綺麗なんだけど細かいふらつきが目立つのはちと勿体無い処. ってかこの造形/塗装でちょいと陰影でも追加して仕上げのレベルも上げて, んで三千円台〜四千円台前半で勝負出来たらそれなりにイケると思うんだけど.... それも今から割込むのは難しいのかなぁ. 個装箱とか流通とか余計なとこでしょうもない手間掛かりそうだもんな.
鹿目 まどか ☆☆☆☆★
巴 マミ ☆☆☆☆★
魔法少女 まどか☆マギカ
Dx フィギュア 2


景品, PVC,ABS
30Dec'11, ばら売り屋で Dx フィギュア 1 と同時にセット購入. 何せほむらさんさやかさん二人組と来りゃわしゃこっちの方が優先度が高いのですがあっちのマミやんも決して無視は出来ず, つかメインヒロインあんまディスんのやめろや俺 (笑).
がきんちょとあだるとさんの凸凹コンビなまどやんマミやんに対して, ほむやんさややんってとその間を往くお二方でんな. と云うてもほむやんはお胸はちんまりとは云ええらいスレンダーなモデル体型だしさややんは活きの善さが身上の元気元気な健康美人で, ちぅ学二年生 (だったよね) よりはもぉちょい上に見えるかな?? 御尊顔の出来はこちらも変わらずで, ほむやんの冷然としながらも何処かしらもわわんとした表情, さややんのからっとした天然笑顔がえらい対照的.
さややんは既に BeachQueens のが手元にあるものの, 設定コスチュームで非デフォルメ造形ではわしの手元に一体目. そのお召し物は胸元やミニスカート周りのお肌の露出は高目ながら簡素な鎧 (ただし AC8 クラス;;) に近いアウトライン. 下にスエットでも追加したらおっさんが着けてもあんま違和感無さそうな;; おまけにマントまで背負っちゃって, 魔法少女と云うよりは正しく "伝説の勇者", 如何にも正義の剣士さんって風情なのですよ. またほむやんのお膝を寄せてくねっとしたポーズに対してがばっとばかりにお御脚開いて堂々とした立ち姿, お髪が短いこともあってでまるで RPG 辺りの "ヒーロー" + "ヒロイン" って構図になりかねませんが, そっからいきなり "薄い本" 的な妄想を繰り広げるのは止めときなさいそこのあんた (おい).
体型的にはほっそりほむやんとむちむちマミやんの間でぱっと見はあんま特徴が無い様にも見えますが, お胸は D から E カップ位はありそうなマミやん, ちんまり A カップと思わすまどやん, 明らかにブラ不要なほむやん (おぃ!!) に対して B カップ位かな?? わし的には正に美乳と思わす適ちちサイズがてかてかアーマー (??) に包まれて, 何ちぅかえらいふぇちっぷりなのですよ. お尻周りも適度にふっくらとした等身大健康美人で, ほむやんマミやんにこのさややん, ベクトルはまるでばらばらなれどそれぞれに特徴付けられた体型はなかなかの破壊力が揃い踏み. って云うかメインヒロインディスんな俺 (笑).
んだけどちら見えしたお腹に付いてるの, まどやんの胸元やほむやんの左手甲と同じカラータイマー (違) でしょうか?? 何でお臍にそんなもん付いてんの;; つかまどやんが胸元でさややんがお臍なら, マミやんは一体何処?? まさかお臍より下?? (頭だってば)
このシリーズ, スケール的にも仕上げ的にも質的にも "Dx フィギュア ≒ BeachQueens < 一番くじ A,B 賞 << GoodSmile 版" ってのは否定出来ませんが, それでも元ネタからしてキャラの精細なディテールで視聴者を圧倒する訳でなし, 各キャラの外見的特長を巧く捉えて "まどか☆マギカ" 入門フィギュアとしてはかなりのえぇ線なのではないでしょか. おまけに WAVE の水着版 (元ネタに水着設定があったかどうかなんて知りゃしませんが) と合せて 1/10 サイズでちんまり揃えてしまうのも手かも知れませんね. 後は杏やんとほむやん初期装備の予定がやっぱりあるとか無いとか (どっちやねん) らしいのでこれまた楽しみですが.... ほむやんが女性特有の怜悧さと秘密, マミやんが穏やかな和と暖かさ, さややんが明るい活きの善さと親情って感じでそれぞれにメインヒロインまどやん周辺の人的配置を象徴するキャラだとすると, 更に何が追加出来るの?? ってとこである意味悲劇のキャラなんだよな杏やん.
暁美 ほむら ☆☆☆☆★
美樹 さやか ☆☆☆☆★
魔法少女 まどか☆マギカ
Dx フィギュア 3


景品, PVC,ABS
May'12 の頭頃だったか, バラ売り屋店頭でめっけて購入. 魔法少女五人衆揃うのかそれとも四人或いは三人で終わってまぅのか毎度はらはらさせてくれる杏子さんですが, 初期装備のほむらさんのおマケ付きで登場, 無事揃いましたね. 第一弾まどやんマミやんの明桃と黄色の組合せと較べると暗紅に暗紫, 微妙にダークで腹黒な雰囲気を醸し出してるのですが気の所為でしょうか;;
杏やんの方は例に拠ってえらい自然体と云うか, ちょいと反身に腰を突出し小腰を揺らせたポーズ, からっとした笑顔が如何にも気取らないさっぱりとしたお人柄に見えますね. 五人衆の中では唯一お肩に何の飾りもボリュームアップも無く露出した格好だからか, 他の方々に較べてちょいと肩幅が狭いと云うか頭が大きいと云うか, ぶっちゃけ顔がでかいのが目立っちゃうとこがあるかな;;
ただ前髪や上着に塗装の擦れや析出物, 付着物がかなり目立ち, ほむやんと較べてもちょいと質が落ちる感じ. 擦れは或いは完成梱包後から開封までに出来ちゃったものかも知れないけど, 何だかちと勿体無いですね.... 尤もこの杏やんの場合, 出来の善し悪しより "これで無事に五人揃った" ってとこが一番の評価ポイントだったりするのですが (笑).
一方のほむやんは魔法少女デビューして間がない頃の初期装備ってとこなのかな. コスチューム自体は第二弾の物語時点と同じで型も共用, 大きなとこではお髪がお下げの三編みになって左手のポーズが違う位ですね. その所為か初期版と云うてもなよなよくねくねあたふたした処はなく, 薄っすらと浮かべた笑みに柔らこいお目々が何だか妙に落ち着いた姐さんぶりで宜しいのですよ. 赤縁アンダーリムの眼鏡を掛けずに手に持ってるのは, ポーズとしては自然に出来てますが実は改修箇所を少しでも減らす工夫でしょうか;;
この第三弾の箱に入ってたペーパに拠ると, この先見滝原中学校制服姿ってことで第四弾 (まどやん+マミやん), 第五弾 (ほむやん+さややん) が予定されてるみたいですね.... って今度は杏やん無しかいな. そもそも制服姿って見た覚え無いけど, 学校違うんだっけこの方.
佐倉 杏子 ☆☆☆☆★
暁美 ほむら ☆☆☆☆★
魔法少女 まどか☆マギカ
Dx フィギュア 4


景品, PVC,ABS
28Jul'12, ばら売り屋でセット購入. Dx シリーズも魔法少女盛装が一巡して今度は制服シリーズ, キャラは Dx1 と同じくまどやんマミやんと来ましたか.
まどやんはその柔らこい笑顔をちと俯かせ上目遣いなお願いポーズと来たもんで. そのちょいとロリった外見を最大限活用ってか, これで "三泊四日熱海の旅 (何故熱海)" でもお願いされた日にゃ世の中のおっさん共は歓喜発狂ものではないでしょか (おぃ). まだまだ子供っぽぃとこを残した体型ながら, 何気にすらっと伸びたお御脚はなかなかに雌鹿の如き脚線美なのですよ. 左右対称ポーズでちょいとちんまりまとまっちゃった気がしないでもないですが;;
マミやんはこれまでのエレガントな姐さん振りとちょいと違て, ちとお茶目な一面が覗いた感じでしょうか. まどやんに較べてえらく善く育ったお身体を膝を寄せてちょいと揺らして, ウィンク笑顔から斜に相手を見る何とも可愛ぇ仕草でんな. 外見だけでなくその内面のあだるとさまでちらっと覗かせ, 何だかちぅ学生というよりすっかり "お茶目な若妻" な風格でんがな;;
ちょいと意外だったのが, プライズ辺りに従来有り勝ちだったこってり塗装はすっかり影を潜め, 何だか随分と綺麗すっきりな塗装になりましたね. 制服辺りは成形自体は白の樹脂なのかな?? その上に濃い目の黄色を薄っすらと掛けて制服の色を調えると同時に陰影まで付け更に艶消しが重ねてあるみたいで, 手法的にはこれまでとは全くの別物でんな. ブラウス縁や袖周りのじゃぎじゃぎやスカートも薄く成形され, その上にこのすっきり塗装でエッジ感ディテールもなかなかのもの. まぁこんな色の制服だからこそ験せた工法かも知れませんが, 各部のストライプも揺らぎが殆ど見られず気合の入った塗装で, やっぱプライズの技法もどんどん変わってるんだねぇ.
外箱の背面を見ると既に杏子さん制服版まで予定はあるみたいで, なかなかにこの先が楽しみなとこなのですよ.
鹿目 まどか ☆☆☆★★
巴 マミ ☆☆☆☆★