Fate / stay night



へたれセイバー, 限定バージョン
[大きさ比較]
へたれセイバー





へたれセイバー 限定バージョン




































































大きさ比較 (何)
経産省 (仮) は八日午前, 江戸中葉から 250 年に渡って続く産官学プロジェクトの成果物として, スクラムジェット推進機関の次世代方式となる落差式宙間推進機関を公開した. これはアルクさん (年齢不詳) の猫型猪突猛進の気合とセイバーさん (年齢不詳) のヘタれ度の落差をそのまま推進力に変換するもので, 推進系と制御系さえ用意できれば原理的に燃料の補給を全く必要とせず, 一切の永久機関は存在しないとした近代科学の常識, 熱力学の基本法則を根本から覆す画期的なもの.
動作原理
ただし, 強大な推進力に対して旋回性能, 制動能力はしおしおであり, また操縦に若干の習熟と天性の意地の悪さを要するなどの技術的な問題や, 安定量産による民生化, 低コスト化への課題も残っている. これに対して経産省 (仮) では, 何分お役所仕事なので民生化には概そ四百年は掛かる見通しだが, 今世紀末に予定される地球環境の大崩壊による全官公庁の地球脱出までには必要最低数を生産確保する計画であることを明らかにした. また, 操縦にある種の才能が必要なことに対して, 日本の官公庁の風土上, 適格者は幾らでも確保出来るので当面大きな問題ではない, むしろ新天地 Neo 永田町 (仮) でのロートル官僚天下り先の確保が最重要課題で, 少しでも多くの民間人, 民間企業の自助努力による新天地到達に期待する, とコメントしている.
またこの落差式宙間推進機関は, 主にその運用内容によって民間の威力妨害活動を受ける等の異常事態に直面した場合, 制御系と推進系に当初から内在するモードをシフトすることにより, 一時的にその機動力を更に引上げることを可能としている. この状態は操縦者の意思及び行動に拠らず制御系と推進系の防衛本能と主に気紛れから発動するため, "機能" ではなく "武装化現象" と呼ばれている. 経産省 (仮) では, 防御能力と逃げ足が若干向上するのみで, 髪の毛飛ばしたり刃が生えてきたり等の過剰防衛反応による大量殺戮 ("逆ギレ" 現象) の多発傾向は今の処見られないとしている. ただし特に操縦者の安全を守ろうとするものでは無いため, ご機嫌によっては搭乗者と積荷を路上にバラまく等の危険性が指摘されている.
永久機関とか云いつつ実はセイバーさんの食費で国庫が傾ぐんでねぇのとか突っ込まん様に. それでこそ傾国の人と讃えるべきだろう?? (違)